トップページ > 地域包括ケアシステム

地域包括ケアシステム

地域包括ケアシステム

地域包括ケアシステムとは、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供されるシステムです。

地域包括ケアシステム

地域包括ケアシステムは、

①医療
②介護
③生活支援
④介護予防
⑤住まい

から構成され、それらは概ね30分以内に必要なサービスが提供される日常生活圏域(中学校区)を単位として構築することを想定しています。

地域包括ケアシステムは、医療から介護、あるいは介護から医療にスムーズに移行できるように包括的にマネジメントすることが特徴です。どこに住んでいても、その人にとって適切な医療・介護サービスが受けられることを目指しています。
地域包括ケアシステムにおいてリハビリテーション専門職に求められている役割は、「単に高齢者の運動機能や栄養状態といった心身機能の改善だけではなく、日常生活の活動を高め、家庭や社会への参加を促し、それによって一人ひとりの生きがいや自己実現のための取組みを支援して、QOLの向上を目指す」(厚生労働省)こととなっています。

これらの目的を遂行するに当たり、個々のケースの課題解決に向けての考え方を整理するツールである生活行為向上マネジメントが期待されています。